美白・ニキビ・ニキビ跡・目の下のくま・毛穴・たるみ・ほうれい線・乾燥・しわなど、肌の悩み別のbグレントライアルセット8種類。 実際に試してみました。ビーグレントライアルセットの使い心地や成分の効能について紹介します。

乾燥肌こそビーグレン!8種類のトライアルセットを試しました

トライアルセット

大人ニキビに効くビーグレン「ニキビケアトライアルセット」体験

投稿日:

ストレスが溜まったりホルモンバランスの乱れると、あごニキビができやすいのが悩みです。
普段からニキビ用の石けんで洗顔して、毎日しっかりとスキンケアしているのですが、ストレスが溜まるとすぐポツポツとニキビができます。
ニキビが気になってつい潰してしまうので、ニキビ跡ができるのも憂うつで……。
そこで、いつも買っている雑誌で評価の高かったビーグレンのニキビケア プログラムを試してみようと思います。
ビーグレンの大人ニキビ改善プログラムなら、肌に刺激が少なく、ニキビ肌にも効果があったみたい。

ビーグレンのニキビケアトライアルセットをネットで注文すると、数日で待ちに待ったお試しセットが届きました。
ビーグレン ニキビケアプログラムは、コンパクトなB5サイズの箱。
箱に赤のラインが入っていてスタイリッシュです。
ビーグレンは使ってみて満足できない場合は、365日いつでも返金保障なんですって。
ビーグレンを購入後は、電話勧誘が一切ないというのも安心です。

ビーグレンのニキビケア プログラムには、次の4点が入っています。
・bグレン クレイウォッシュ(洗顔料)15g
・クレイローション(化粧水)20mL
・Cセラム(美容液)5mL
・QuSomeモイスチャーゲルクリーム(クリーム)7g
ビーグレンのニキビケアは、今ある大人ニキビ改善して、ニキビが繰り返さない肌に導いてくれるとのこと。

まず最初に、ビーグレン クレイウォッシュから使ってみます。
ビーグレン クレイウォッシュには界面活性剤は入っていないので、泡立てて使う必要はありません。
クレイウォッシュは、天然クレイのモンモリロナイトの力で皮脂汚れを落としてくれるとのこと。
天然クレイのモンモリロナイトの効能は、乾燥肌・ニキビ肌・毛穴汚れ・肌のくすみを改善してくれるんだそう。
モンモリロナイトの粒子はとても小さいので、毛穴に入り込んで、汚れを吸着する力に優れているんだとか。
肌を傷めずに汚れだけを落とすことができるとして、手作りコスメとしてに人気のスキンケア成分です。

ビーグレン クレイウォッシュの使い方はとても簡単。
手と顔を水でぬらしてから、さくらんぼ大の量を手に取ります。
手のひらで軽く広げてから、顔全体を優しくマッサージ。
朝は忙しいので、泡立てが本当に面倒で……。
忙しい朝でも、ビーグレン クレイウォッシュを肌にスルスルと伸ばすだけでスキンケアできるのが嬉しい。

ビーグレン クレイウォッシュを水で洗い流せば、洗顔終了。
泡立てて洗っていなのに、洗い上がりの肌はつるつるしっとり。
余計な脂汚れだけが落ちているから不思議です。
肌にツッパリ感がなくて、毛穴の黒ずみも少しうすくなったみたい。

次に使うのは、大人ニキビの炎症を抑えてくれるクレイローション。
クレイローションは薬用化粧水で、グレイチルリチン酸ジカリウムと天然クレイのモンモリロナイトを配合。
グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草から抽出される成分で、漢方薬の生薬の一つ。
グリチルリチン酸ジカリウムは副作用の心配も少なく、ニキビ肌やアトピー性皮膚炎などの抗炎症作用があります。

ビーグレン クレイローションの使い方は、3cmほどの量が目安とのこと。
両手で軽く広げてから、顔全体を包み込むようにつけるんですって。
肌をこすらずに、手のひらで押さえるようにしてつけるのがコツ。
さっそく手のひらに出してみると、少しとろみのあるローションです。
ビーグレンのスキンケアには匂いがないのですが、クレイローションはほんのりとだけ香りがあるような。
でも化粧品独特な香りではないので、気になりません。

ビーグレン クレイローションを肌につけると、じんわりと浸透していきます。
何度も手のひらで押さえると、少しずつ肌がピトピトした感触に変わります。
ちょっとベタつく感じもありますが、時間が経つと肌がしっとり。
ニキビ肌用薬用化粧水といえばさっぱりした使い心地をイメージしますが、クレイローションはしっとり系。
肌の上にひとつ膜を張ったような保湿感が気持ちいいです。

次に使うのが、美容液のCセラム。
Cセラムに入っている高濃度ピュアビタミンCは、毛穴のたるみや肌のくすみ、ニキビ肌とニキビ予防に効果があるんだそう。
ビタミンCは肌の生まれ変わりを促してくれるんだそう。
ビタミンCは不安定な成分ですが、ビーグレンのQuSomeによって肌の必要なところまで確実に届けてくれるんだそう。

Cセラムの使い方は、2cmほどの量を手のひらに取るとのこと。
両手に広げてから、顔全体を包み込むようになじませるとのこと。
高濃度のピュアビタミンCなので、乾燥肌や敏感肌の人は、少量ずつ使うのがコツとのこと。
昼間にCセラムを使うときも、日焼け止め対策をするなどの注意が必要なんですって。

Cセラムはトロリとしたオイルに似た感触。
無色無臭の美容液で、匂いはほとんどありません。
肌につけてみると、じんわりとした温感。
少量でも顔全体でもしっかりとケアできる美容液。
ニキビ肌にも肌に刺激がなくて、やさしい付け心地でいい感じです。

最後に使うのが、QuSomeモイスチャークリーム。
ビーグレン独自QuSomeエイジリカバーコンプレックスというカプセルが、肌の必要な箇所まで成分を届けてくれるとのこと。
肌の表面から角層深くまでじっくりと浸透していくので、肌の内側からハリを取り戻してくれるんだそう。
QuSomeモイスチャークリームの使い方は、パール1~2粒が目安とのこと。
肌のシワや肌のたるみ、乾燥肌にも効果があるんだそう。

QuSomeモイスチャークリームを手に出してみると、白色のこっくりしたクリーム。
匂いがなくて、肌に刺激のないクリームです。
少量でも伸びが良くて、しっかりと保湿してくれます。
肌にベタつきもないし、時間が経つと、さらっとした肌触りになって気持ちいいです。

QuSomeモイスチャークリームをぬった翌朝は肌がしっとり。
肌がモチモチして、なんだか若返ったみたい。
メイク乗りがよくなって、ファンデの付きがよくなって、上手に仕上がるようになりました。
昼間の化粧崩れが少なくなって、肌の調子がいいから驚きます。

あっという間の1週間。
肌がヒリヒリしたり新しいニキビができることもなく、ビーグレン ニキビケアトライアルセットを使い終わりました。
特にQuSomeモイスチャークリームの使い心地がいい感じ。
肌がしっとり潤うのにベタつかないから、ニキビがある肌にも安心して使うことができました。
いつもは赤く炎症したあごニキビには恐る恐るクリームをつけていたけれど、QuSomeモイスチャークリームなら大丈夫。
ニキビケア専用なので、ニキビが悪くならなかったので、ついニキビを触ってしまう癖も我慢できました。
ビーグレンを使い続けて、少しずつニキビが治ってきたら嬉しいです。
肌が柔らかくなって肌の調子がいいので、QuSomeモイスチャークリームから使い続けてみたいなと思っています。

-トライアルセット
-, , , , ,

Copyright© 乾燥肌こそビーグレン!8種類のトライアルセットを試しました , 2017 AllRights Reserved.